人気のアルバイト情報

アルバイトを探すにも時給が高くて人気のある職種がいいですよね。まだ学生だからバイトでお小遣いを稼ぐ・人生経験として何かの勉強になればいいなどと考えている方は、これから紹介することを参考にしてみてください。

人気のアルバイトにはどんな職種があるのか

高校生や大学生の中にはアルバイトをして小遣いや生活費を稼いでいる人が沢山います。
そして高校生や大学生で人気があるのは飲食店の仕事で、特にファーストフード店等には多くの学生が働いています。
そこで働くメリットは時間に融通が利く上に、試験前だと休ませてくれるところが多い点にあります。
学生にとっては学業が本業なので、アルバイトが忙しくて勉強が出来ないと言うのは本末転倒です。
ですからその点をよく考えて、ある程度時間的に融通が利く飲食店で働く人が多いのです。
また大学生になると家庭教師の仕事をする人が増えますが、この仕事も時間に融通が利くと言う点で飲食店と似ています。
また家庭教師は時給が高く夜の2時間か3時間ほどの短時間の仕事なので、学業やサークル活動で忙しい大学生にとっては絶好のアルバイトだと言えます。
そのため多くの大学生が家庭教師をしてお金を稼いでいますが、だからと言って簡単な仕事ではなく教え方が上手くないと勤まらないので注意が必要です。
最近では社会人の中にもアルバイトをして生活費や小遣いを稼いでいる人がいます。
普段は正社員として働いている人の中にも色々な理由からアルバイトをしている人がいますが、そういった人用に短期でアルバイトを募集している会社が沢山あります。
特に建設現場の作業員や警備員は人手が足りないので、1日だけという超短期で求人を出している会社もあります。
また飲食店の中にも諸事情から従業員の数が足らないので、1日だけ仕事を依頼する会社もあります。
今ではこのような超短期のアルバイトも流行っていて、そのことについて詳しく載っているサイトも沢山あります。
このように年代によって人気のあるアルバイトは変わってきますが、どの仕事も魅力があると言う点は共通しています。

平均のアルバイト時給とは

アルバイトの時給は、職種や地域によって大きく異なります。
地方で実家に住んでいる人の場合、時給800万円のアルバイトでも稼いだお金をすべて貯金できるので、それなりに裕福な生活を送れますが、都会で一人暮らしをしている人にとっては時給1000円のバイトでも生活は厳しいものとなるでしょう。
このように、アルバイトの時給というのは、高ければよいというものでもないので、自分にあった仕事を探すことが何よりも大切です。
アルバイトのメリットは手軽に働くことができる点にあります。
例えば、一日に2時間から4時間だけ働くといったことも認められやすいのがアルバイトです。
もしも一日に8時間みっちりと働くなら、派遣や契約社員の仕事をやるべきでしょう。
そちらのほうが時給も高いですし、正社員として採用される可能性もあります。
アルバイトは最も解雇をされやすい雇用形態です。
派遣や契約社員の人も契約期間が終われば解雇されるリスクはありますが、契約期間の途中では正社員とほぼ同じレベルの解雇制限がありますので、よほどの理由がない限りは契約途中で解雇されることはありません。
しかし、アルバイトではそもそも契約期間というものもないことが多く、いつでも会社の都合で解雇されてしまうリスクがあります。
もちろん、労働基準法は適用されますので、一ヶ月前に予告をしてもらうかもしくは解雇予告手当てをもらうことができます。
実は、アルバイトでも派遣社員などよりも高い時給をもらえる仕事はあります。
水商売や、パチンコ店スタッフなどは、高い給料がもらえますし、がんばれば正社員になれることもあります。
自分が将来なにになりたいかをよく考えて、仕事を選ぶことが重要です。

失敗しないためのアルバイト探し

単に、高時給や稼げる仕事といった謳い文句だけを見て、アルバイト先を決めてしまうのはたいへん危険です。
実際に働き始めてから、失敗だったと言っても遅いからです。
それで、失敗しないためのアルバイト探しのポイントを幾つか整理してみましょう。
まず一つの重要なポイントは、仕事の内容を十分に理解するということです。
そのためには、必要ならばいつでもメモを取ることが勧められています。
アルバイト情報を集めている時は、どんな小さな点であっても疑問に感じる点があれば、必ずメモしておきましょう。
また、実際アルバイト先に電話で確認する時にも、そのメモを見ながら一つ一つの疑問点を解決していくことができます。
さらに、面接を受ける際にも担当者が述べる大事な点をメモすることを忘れないようにします。
こうすることによって、失敗のないアルバイト探しができるでしょう。
また、失敗しないためのアルバイト探しの別のポイントは、実際の面接を行なう前に、必ず下見に行くということです。
例えば、働きたいと思っている所がお店であるなら、まずはお客として出向いてみましょう。
その際に、お店の様子を観察することに加えて、店員の態度や話し方などを観察することができます。
お客としての客観的な立場からその店を訪れてみるなら、そこでの社員教育がどれほどなされているか、お店全体の雰囲気はどのようなものなのかなど、ある程度識別することができるでしょう。
加えて、アルバイト情報に記載されているシフトや時給などを、しっかり確認することです。
それらを自分のスケジュールに合わせてチェックします。
このようにすることによって、効率よく稼ぐことができるようになるでしょう。

上へ戻る